平成25年度 中南米日系農業者連携交流委託事業(農林水産省)

事業の背景

 昭和30年代から、農業者等の海外移住が国策として積極的に推進されたことにより、現在、中南米諸国において、20万人規模の日系農業コミュニティが形成されている。近年では、優秀な日系二世、三世農業者による経営者も生まれ、地域農業をリードしており、日本の農業・食料産業分野における先進的な環境管理技術等への関心も高まっている。
 一方、日系農業コミュニティの成熟や日系人の世代交代という環境変化により、日系農業者・農業関係者等の組織の脆弱化、連帯感の喪失、地位の低下という新たな問題が生じている。
 このような問題に対応するため、ブラジル等主要な移住関係国の日系農業関係者組織間の連携強化、日系農業関係者のリーダー育成のための技術交流の促進に取り組むとともに、南米4カ国(ブラジル連邦共和国、アルゼンチン共和国、パラグアイ共和国及びボリビア多民族国)と日本との間で構築された良好な農業交流関係の維持・発展を図ることを目的とする。

事業の目的

  1. 主要な移住関係国の日系農業関係者組織間の連携強化
  2. 日系農業関係者のリーダー育成のための技術交流の促進
  3. 南米4カ国(ブラジル, パラグアイ, ボリビア及びアルゼンチン)と日本との間で構築された良好な農業交流関係の維持・発展

基本方針

  1. 南米日系農業関係者組織間の連携強化
  2. 次世代の人材育成
  3. 農業ビジネスの創出

資料

実施項目






   Facebookはこちら