日本人の移住の歴史



日本人の海外移住は、1866年に海外渡航禁止令(鎖国令)が解かれてから、すでに150年以上の歴史があります。ハワイ王国における砂糖きびプランテーションへの就労に始まって、アメリカ、カナダといった北米への移住、そしてその後1899年にはペルー、1908年にはブラジルへと日本人が渡ります。そして、1924年にアメリカで日本人の入国が禁止されると、大きな流れが北米から南米へと移っていきます。その結果、第二次世界大戦前には約77万人、大戦後には約26万人が移住しています。


中南米の日系人

日本から各国に渡った方は1世、その子や孫は2世、3世と呼ばれます。日系人は誠実な仕事によって信頼を得て、中南米の中で着実にその地位を築いています。今現在、約213万人もの日系人が中南米に暮らしています(2015年10月)。



困難を乗り越えて活躍した中南米の日系人




 1908年、781人の日本人家族が、コーヒー農園で働く契約移民として「笠戸丸」に乗りブラジルへ向けて出発したことは、ご存知の方も多いと思います。彼らは、数年間は働き、貯金した後に帰国することを夢見ていましたが、実生活は予想だにしない過酷な状況でした。当時のブラジル移民受け入れは、同国の奴隷廃止による労働力不足を補うものだったとも言われるほどです。しかし、それにも屈せず、多くの人が自作農となる道を選び、資金を出し合って集団入植地や農業組合を形成していきました。それらはその後、ブラジルの農業界で大きな役割を果たす組織にまで成長しています。
 未開の土地では原始林や風土病に悪戦苦闘した地域もありましたが、移住者はそれを乗り越え、各地で農業発展に大きく貢献しました。たとえば、パラグアイでは国の主な産業である大豆栽培をリードし、ボリビアでは米や大豆、小麦、柑橘類栽培などの発展を支えています。また、それまで野菜を食べなかった地域で野菜栽培を定着させ、現地の食生活改善に貢献したケースも少なくありません。
 アルゼンチンは、沖縄県系人の方が多く、他の南米諸国から転住してきた人も多数います。その多くは、花卉栽培やクリーニング業に従事しました。彼らが基礎を築いた花卉栽培は今日、アルゼンチンの産業のひとつであり、日系人の貢献はよく知られています。