中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出事業とは?

中南米5カ国(ブラジル、アルゼンチン、パラグアイ、ボリビア、ペルー)の日系農業者等の若手世代の育成や日本の地方企業との農業ビジネス創出により、日本と中南米の農業・食産業分野の連携・交流の強化や、我が国の食産業の中南米進出等への貢献を図ります。


背景

 近年、日系社会の世代交代により日系人のアイデンティティが薄れ、その連帯が低下することによる我が国との交流の希薄化が懸念される一方、若い世代からは、日本の先進的産業に関心が寄せられています。
 中南米4カ国(ブラジル、パラグアイ、ボリビア及びアルゼンチン)と日本との間では、移住事業のフォローアップを通じ農業交流関係が構築されてきましたが、我が国の食産業の海外展開等を推進する上で、今後ともその関係の強化を図っていく必要があります。



中南米の日系農業者等との連携交流

①日系農業者団体に加え、同団体に属さない日系農業者や日系の食産業関係者を交えた連携強化会議を開催し、組織間の連携を強化します。
②連携強化会議に併せて、若手農業者等を対象にした交流会議を開催します。


次世代リーダーとなる若手農業者等の育成

①若手農業者等や日系農協の女性農業者を対象に、日本に招へいして高付加価値化や6次産業化等について座学と実習を通じた研修を実施します。
②日本人専門家を中南米に派遣し栽培技術等について研修を実施するとともに、中南米における農業先進地等の視察を実施します。


日本の地方企業とのビジネス創出

①中南米の県人会と繋がりの深い都道府県との連携の下、研修で招へいした若手農業者等と地方公共団体や企業とのマッチングを実施します。
②日本の地方企業を中南米へ派遣しビジネスセミナーを開催します。


過年度事業


平成30年度
中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出事業

中南米4カ国の日系農業者等の若手世代の育成や日本の地方企業との農業ビジネス創出により、日本と中南米の農業・食産業分野の連携・交流の強化や、我が国の食産業の中南米進出等への貢献を目的にした事業を実施しました。

平成25~29年度
中南米日系農業者連携交流委託事業

中南米4カ国の日系農業者団体間の連携強化や技術研修及び農業ビジネス創出に向けた交流の実施により、我が国の食産業の展開等に資する関係の発展を目的とした事業を実施しました。


平成23年度
食料供給安定化国際農業連携対策事業

我が国の農協等と中南米4か国の日系農協等との連携によるアグリビジネスを創出し、地域の活性化を図るとともに、食料供給の不測の事態に備え、日系農協等と連携し食料供給安定化を図る体制整備を図る事業を実施しました。


中央開発株式会社(CKC)の南米日系社会に対する取組み

当社は東京とサンパウロに事務所を有し、ブラジルを始めとする南米各国での海外プロジェクトを長年実施しています。平成23年度より日系農業者との交流事業を実施し、南米にある日系団体と幅広いネットワークを築いています。南米にある日系社会と日本との連携強化や日系農業者の人材育成に取り組んでいきます。